自営業のデメリット

体調管理は万全にしよう

自営業でビジネスをするにあたり、まず注意したいのは代表者の体調管理です。ビジネスプランが有望だとしても、代表者が働けなくなると事業がストップしてしまうおそれがあります。十分な数のスタッフを雇い、教育もしっかりと行えば代表者が体調を崩しても問題ないといえますが、ビジネスをそこまで成長させるのは時間がかかります。まずは代表者の体調管理を万全にして、定期的に健康診断を受けることも大切です。自営業を開始したばかりのころは、多忙のために食事や睡眠がおろそかになるかもしれません。しかし、体調悪化により事業がストップすると悪影響が大きいので、体調管理の優先順位は高いといえます。万が一の事態に備えて、ゆとりのあるスケジュール管理も大切です。

ライバルの出現には柔軟に対応しよう

自営業で可能な事業にはいろいろなタイプがありますが、多かれ少なかれライバルは存在します。大きな資本を持ったライバルが登場すると、経営が悪化してしまうおそれがあります。経営の効率化については常に考えるようにしましょう。ライバルが出現するということは、有望な市場である証拠ともいえるので、失望する必要はありません。運営資金やブランドイメージなど、ライバルとの差が大きい場合は、移転や新規事業への挑戦が必要になる例もあります。場合によっては、事業の買収を求められることもあります。このとき、独自の経営を続けるのか売却するのか大きな決断になりますが、うまくいけば多額の資金を手に入れることも可能です。ライバルの出現は必ずしも悪いことばかりではないと認識しましょう。

独立とは、自分自身の力で生計を営んだり、事業を行ったりすることをいいます。それに伴い、様々な責任が生まれてきます。