個人事業主やフリーランスとの違い

個人事業主としての働き方

個人事業主とは税務上の所得区分のことを言います。株式会社や合同会社といった法人を設立せず、その言葉の通り個人で事業を営んでいる人のことです。得た収入の所得区分は個人の事業所得となり、これを申告する為には税務署に開業届を提出しなければなりません。ネイルサロンや飲食店などの店舗を自営業として営んでいる人は個人事業主になります。またライターやWebデザイナーといった職種も個人事業として働いている人が多いです。

開業届を提出して個人事業主になった場合は、確定申告の方法を青色申告か白色申告の2種類から選択する事ができます。白色申告は帳簿付けが簡単に行えますが控除がありません。青色申告では赤字を繰越せたり、家族への給与の所得税が控除されたりとメリットがありますが、記帳方法が複雑になります。年間の所得額や家族に支払う給与が発生するかなどを見極めて申告方法を選択すると良いでしょう。

フリーランスとしての働き方

フリーランスとは働くスタイルのことを言い、企業や団体とは独立して仕事を請け負う働き方です。正社員や派遣社員などはそれぞれの会社と雇用契約を結んでいますが、フリーランスは短発の仕事ごとや期間を設けて案件ごとに契約を結んで業務を行います。ライターやイラストレーター、カメラマンなどがこのフリーランスという働き方を多く利用していますが、どの職業がフリーランスとして働けるなど明確な決まりはないので様々な職種の人が存在しています。

フリーランスで働いている人の中でも、個人で開業届を提出している人は個人事業主になります。また会社員など本業があり、副業でフリーランスとして働いている人も収入や労働時間によっては開業届を出す事が可能です。フリーランスで働く人は、所得が基礎控除額の38万円を超えない場合を除き、必ず自分で確定申告をして税金を納めなければなりません。収入や必要経費などはしっかり把握し保存しましょう。

起業とは新しい事業を自ら立ち上げる、開始するという事です。自分自身が経営者になり経営の舵をとることで、自分が思い描く会社を作り上げる事が可能になります。